メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広がる「AI問診」 診療前に自覚症状入力 医師の使える時間増やす 働き方改革にも

タッチパネルで症状などを入力するAI問診=Ubie提供

 待合室で患者がタブレット端末を使って入力した自覚症状などの情報から、人工知能(AI)が病気の候補を挙げる――。そんな「AI問診」を採用する病院が増えている。限られた診察時間の中、医師が問診に時間を取られず、患者と直接向き合う時間が増えるだけでなく、カルテなど書類作成の手間も減らせると好評だ。これまでに全国約100の病院が導入した。AI問診の製作者は「医師の労働時間の短縮につながり、働き方改革にもなる」と話す。

 長野中央病院(長野市)では、紹介状なしで訪れた初診の患者にAI問診「Ubie」(ユビー)の端末を手…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです