メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱衣場、トイレ、台所…「生活保護費と同額の代価で私生活動画」 実験を始めた28歳社長の狙いは

今回の社会実験について案内するウェブページ=Plasmaのウェブサイトから

 1カ月の生活保護費と同額を提供する代わりに、その私生活データをすべて収集するという社会実験の参加者をIT会社「Plasma(プラズマ)」(東京都目黒区)が募っている。ネット上では「貧困ビジネスだ」などと批判が出ているが、遠野(えんの)宏季社長(28)は意に介さない。すでに50人の応募があったという。いったい、どんな実験なのか。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

1カ月間トイレや脱衣場なども撮影

 同社によると、対象者の自宅内に複数台のカメラを設置。居間だけではなく、トイレや脱衣場、台所なども撮影する。浴室は対…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです