メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空ドローン閉鎖 2便欠航、17便が目的地変更

ドローンの目撃により、離着陸の一時停止などが発生した関西国際空港=2019年11月9日午前10時55分、本社ヘリから山崎一輝撮影

[PR]

 9日午前8時ごろ、関西国際空港の滑走路周辺で、ドローン(小型無人飛行機)のようなものが飛んでいるのを空港の地上作業員が目撃した。国土交通省大阪航空局は同15分ごろから滑走路を2本とも閉鎖。安全確認をし、約1時間10分後に旅客機の離着陸を再開した。同空港では先月19日のほか、7日夜にも目撃情報が寄せられ、滑走路が閉鎖されたばかりだった。

 この影響で到着予定だった17便が別の空港に目的地を変更し、出発予定だった2便が欠航した。

 赤羽一嘉国交相は8日の閣議後記者会見でドローン対策について「空港付近で検知するシステムの導入を加速し、規制のあり方を検討し、警備体制も強化したい」などと述べていた。【寺田剛】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです