メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸教諭いじめで、加害教諭1人が分限休職処分に不服申し立て

[PR]

 神戸市立東須磨小で男性教諭(25)が教諭4人からいじめを受けた問題で、加害側の30代の男性教諭1人が、市教委による無給の分限休職処分(10月31日付)を不服として、処分の取り消しを求めて市人事委員会に審査請求した。代理人弁護士が9日、明らかにした。起訴前でも、起訴の恐れがある場合に処分を可能にした市条例は「違法で無効だ」と訴えている。

 審査請求書や代理人の戸谷嘉秀弁護士によると、市教委から処分の理由となる行為が具体的に示されず、弁明の機会も保障されない手続きに違法性もあると主張。この教諭の関与の度合いについて「起訴される可能性が極めて低く、条例の要件を満たさない」としている。法令を事後的に適用した点なども批判した。

 問題発覚後、市教委が10月から教諭4人を有給休暇扱いで自宅待機させたところ、批判が噴出。市は同月、起訴前でも分限休職処分ができるよう条例を改正した。弁護士などからなる審査会は処分を「不相当」と意見したが、市教委は全員を無給の分限処分とした。【反橋希美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです