メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風で自宅全半壊…国の再建支援金は最大300万円 借金避けられぬ被災者

乾燥させるために床板をはがした自宅で、掃除をする渡辺教子さん=福島県本宮市で2019年10月28日、渡部直樹撮影

 10月の台風19号や台風21号の影響による大雨で、全国の8万9000棟を超える住宅が被災した。災害によって我が家を失ったり、リフォームが必要になったりした人のため、被災者生活再建支援法による国の援助があるが、受け取れる支援金は最大でも300万円。被災者からは「不十分」との声が漏れる。【渡部直樹、安藤いく子、岩崎歩、小川祐希】

この記事は有料記事です。

残り2598文字(全文2762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです