メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・関西万博前の夢洲IR全面開業困難「24年度中は難しい」一部のみ検討

2025年大阪万博の会場となる夢洲=大阪市此花区で2019年3月5日、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)について、大阪府と大阪市は、目標にしていた2024年度中の全面開業は困難とみて部分開業にとどめる方向で検討を始めた。夢洲では大阪・関西万博の25年開催が決定。万博前のIR全面開業で相乗効果を狙ったが、両者の工期が重なり、工期も短いことから、スケジュール調整が難航している。

 府市は年内にIR事業者の公募を実施予定で、応募条件やスケジュールを盛り込んだ実施方針案を作成中。関…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです