メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みなし仮設入居者 住宅修理補助利用できず 公営住宅なら認められるのに、なぜ?

避難所から毎日自宅の片付けに通う羽賀さん夫婦。市営住宅は抽選で外れ、みなし仮設住宅に入居する予定だ=福島県いわき市で2019年11月7日、宮崎隆撮影

 台風19号で災害救助法が適用された1都13県のうち福島や宮城、長野など8県は、自治体が民間の賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設住宅」を提供している。しかし、ここに入居すると、住宅修理費の一部を公的に支援する応急修理制度を利用できない。一方、公営住宅に入居する場合は制度が利用できる。入居先によって支援に格差が生じており、専門家は「公平感のある制度運用が必要だ」と指摘する。

 応急修理は自宅が半壊した場合、最大で59万5000円の修理費用を支援する制度。1953年に運用が始…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです