メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉で5例目の豚コレラ 県内最大の養豚地域、深谷

埼玉県庁=さいたま市浦和区で2019年3月1日、内田幸一撮影

[PR]

 埼玉県は9日、深谷市の養豚場で豚コレラ感染を確認したと発表した。飼育豚の感染は県内5例目。この養豚場は1720頭を飼育しており、9日夜から全頭の殺処分を始めた。深谷市は県内最大の養豚地域で、飼料や肥育法にこだわるブランド豚の生産に力を入れている。

 県によると、今回の養豚場は、10月30日に県内4例目の感染が確認された本庄市の養豚場から約8・6キロ。11月7日に県がワクチン接種のための事前検査を実施したところ、陽性の疑いがある豚3頭が判明。3頭を含む計24頭を8~9日に検査し、13頭が陽性と確認された。

 県はワクチン接種への影響はないとし、予定通り年度内に県内全域の約13万5000頭への接種を終えるとしている。【畠山嵩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです