メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ザ・クラッチ」浅村 移籍の今季は自己最多33本塁打 プレミア12で頂点も狙う

一塁の守備練習で汗を流す浅村=那覇市で2019年10月28日午前11時28分、細谷拓海撮影

 世界一奪還を目指し国際大会「プレミア12」を戦っている日本代表「侍ジャパン」は11日から会場を日本(ゾゾマリンスタジアム、東京ドーム)に移し、2次ラウンドを戦う。稲葉監督のもと、集結した選手を紹介する。今回は、過去に打点王2回獲得のクラッチヒッター、浅村栄斗(28)。

 持ち味の思い切りのいいスイングは代表においても不変のようだ。1次ラウンド開幕戦となったベネズエラ戦。チームが相手先発に苦しむ中で浅村は四回2死一塁からチーム初安打となる右前打。独特の緊張感が漂う国際舞台で、呪縛を振り払い、突破口を開いた。

 大きな覚悟を持って臨んだシーズンだった。昨季オフ、優勝した西武から最下位の楽天へフリーエージェント…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです