メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

触れ太鼓の音色 博多の街に響かせ 九州場所土俵祭

大相撲九州場所の開催を告げる触れ太鼓=福岡市博多区で2019年11月9日午前10時27分、矢頭智剛撮影

[PR]

 大相撲九州場所初日を翌日に控えた9日、会場となる福岡市博多区の福岡国際センターで「土俵祭」があった。祭りの後には呼び出しが場所の開催を知らせる触れ太鼓の音色を博多の街に響かせた。

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)ら幹部と、白鵬、鶴竜の両横綱ら三役以上の力士が出席し、15日間の無事を祈った。

 土俵祭は五穀豊穣(ほうじょう)や場所中の安全を祈願する神事。土俵上の祭壇で行司が祝詞をあげた後、呼び出しが会場の外に出て触れ太鼓をたたいた。【黒澤敬太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです