メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所、10日に初日 優勝争いは両横綱、貴景勝、御嶽海を中心に繰り広げられそう

八角理事長や白鵬、鶴竜らが出席した土俵祭=福岡市博多区の福岡国際センターで2019年11月9日午前10時10分、矢頭智剛撮影

 大相撲九州場所は10日、福岡国際センターで初日を迎える。9日は土俵祭があり、横綱らが出席して15日間の土俵の無事を祈った。

 今場所は4場所ぶりに横綱と三役が初日に出場。9月の秋場所を制し今場所の成績次第で大関昇進の可能性がある関脇・御嶽海、休場明けの白鵬、鶴竜の両横綱、大関に復帰した貴景勝を中心に優勝争いが繰り広げられそうだ。

 御嶽海は秋場所を12勝3敗で優勝。名古屋場所では9勝しており、九州場所で12勝すれば昇進の目安となる「三役で直近3場所33勝」に達する。昇進を預かる審判部は大関取りの場所とは明言していないが、順調に星を重ねて賜杯争いに絡めば、昇進に向けた機運が高まるとみられる。御嶽海は土俵祭後に報道陣の取材に応じ、「10勝を目指して頑張りたい」とまずは2桁の白星を目標に掲げた。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです