メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所、10日に初日 優勝争いは両横綱、貴景勝、御嶽海を中心に繰り広げられそう

八角理事長や白鵬、鶴竜らが出席した土俵祭=福岡市博多区の福岡国際センターで2019年11月9日午前10時10分、矢頭智剛撮影

 大相撲九州場所は10日、福岡国際センターで初日を迎える。9日は土俵祭があり、横綱らが出席して15日間の土俵の無事を祈った。

 今場所は4場所ぶりに横綱と三役が初日に出場。9月の秋場所を制し今場所の成績次第で大関昇進の可能性がある関脇・御嶽海、休場明けの白鵬、鶴竜の両横綱、大関に復帰した貴景勝を中心に優勝争いが繰り広げられそうだ。

 御嶽海は秋場所を12勝3敗で優勝。名古屋場所では9勝しており、九州場所で12勝すれば昇進の目安とな…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです