メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セ大阪30歳奥埜 初の頭で決勝弾 移籍1年目「もっと貢献する」

○セ大阪1―0湘南●(9日・ヤンマー)

 チームで最も献身的な男が決定的な仕事を果たした。セ大阪のFW奥埜が自身8試合ぶりのゴールでチームを勝利に導いた。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得(3位以内)に望みをつなぐ5位浮上だ。

 後半5分、左サイドを突破した丸橋の柔らかいクロスに反応した。相手DFを背負いバックヘッドでゴール右上に流し込んだ。チーム最多に並ぶ今季6得点目にして、初の頭でのゴール。「難しいボールなのが良かった。そこにしか打てなかった」と振り返…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです