メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

崔虎星が首位浮上、今平は1打差2位 男子ゴルフ・平和PGM第3R

第3日、2番で第2打を放つ今平周吾。通算9アンダーで2位=共同

 平和PGM選手権第3日は9日、沖縄県PGMリゾート(7226ヤード、パー71)で行われ、3位から出た46歳の崔虎星(韓国)が6バーディー、3ボギーの68で回り、通算10アンダーの203で首位に浮上した。69で回った賞金ランキング1位の今平周吾が1打差の2位。

 通算7アンダーの3位に前日首位のスコッ…

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです