メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子は中国に完敗、決勝進めず 卓球W杯団体戦

男子準決勝で失点に落ち込む張本智和=東京体育館で2019年11月9日、大西岳彦撮影

[PR]

 卓球のワールドカップ(W杯)団体戦第4日は9日、東京体育館で準決勝が行われ、男子は世界ランキング2位の日本が同1位の中国に0―3で敗れた。韓国が3―0で台湾を降した。女子は同2位の日本が同7位の韓国と対戦。中国は台湾に3―0と完勝。男女決勝は10日に行われる。

 男子の日本は第1試合のダブルスで丹羽孝希(スヴェンソン)吉村真晴(名古屋ダイハツ)組が許昕、梁靖崑組に0―3で敗れ、続くシングルスでも張本智和(木下グループ)が樊振東にストレート負け。吉村も許昕に1―3で敗れた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです