メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上尚、右眼窩底など顔に2カ所骨折 7日のWBSS決勝で

激闘から一夜明けて勝利の喜びを語る井上尚弥=横浜市の大橋ジムで2019年11月8日午後2時19分、村社拓信撮影

 7日のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で判定勝ちした井上尚弥(大橋)が9日、東京都内で取材に応じ、右眼窩底(がんかてい)など顔に2カ所の骨折があったことを明かした。8日の精密検査で判明。全治は不明で、現時点で手術の必要はないという。

 二回に受けた、右目上を切ったパンチが原…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです