メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮原2位、4回転時代に安定感で対抗「得意な滑り磨き、しがみついていく」

2位に入った宮原知子のフリー=共同

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、中国杯最終日は9日、中国の重慶で行われ、女子はショートプログラム2位の宮原知子(関大)がフリーでジャンプの回転不足を三つ取られたものの142・27点の3位となり、合計211・18点で2位に入った。

      ◇

 女子新時代の象徴ともいえるトリプルアクセル(3回転半)や4回転のような派手なジャンプはないが、スケートへの真摯(しんし)な姿勢が表彰台をたぐり寄せた。宮原は入念に取り組んできた全てのジャンプを降り、磨き抜いた美しいスピン、ステッ…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです