メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「打倒関西」へ西南学院大が初戦突破 大学アメフット西日本代表決定T

【西南学院大-福井県立大】第2クオーターで勝ち越しのタッチダウンを決める西南学院大のRB篠崎(左)=福岡市の平和台陸上競技場で2019年11月9日午後1時25分、野村和史撮影

[PR]

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権西日本代表決定トーナメント1回戦が9日、福岡市の平和台陸上競技場であり、西南学院大(九州)が30―7で福井県立大(北陸)を破った。西南学院大は16日に福岡県春日市の春日公園球技場で行われる2回戦で、関西2位校と対戦する。

 西南学院大のRB篠崎が、ビッグプレーでチームに落ち着きを取り戻した。第1クオーター(Q)7分15秒、自陣で相手パスをインターセプトし、70ヤード独走の同点TD。試合開始18秒で先制を許す嫌な流れを断ち切ると、第2Q2分9秒には27ヤード走って勝ち越しTDを決めた。

 1週間後には、悲願の「打倒関西」を目指す一戦が控える。立ち上がりの失点には自身のタックルミスも絡んでいただけに「関西勢との試合では命取りになる」と気を引き締めていた。【野村和史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです