メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家、眉村卓さんに最後の別れ 大阪で葬儀

大阪市内で営まれた作家、眉村卓さんの葬儀・告別式=9日午後

 「ねらわれた学園」などSF小説の名手として知られ、3日に85歳で死去した作家眉村卓さんの葬儀・告別式が9日、大阪市内の葬祭場で営まれた。作家仲間や出版関係者ら約250人が参列し最後の別れを惜しんだ。

 喪主を務めた長女の村上知子さんは参列者へのあいさつで、10月上旬に入院した眉村さんが、完成間近の長編の執筆を病床で続けていたことを紹介。亡くなる数日前に、最後の場面と締めくくりの文章をメモ書きにして知子さんに託し、「これでいい」とつぶやいたという。知子さんは「父はずっと書く人でした。次の世界でも書いているのでしょう」と述べた。

 白い菊の花などで飾られた祭壇には、母校の大阪府立住吉高校(大阪市)の前で9月に撮影された、ほほ笑む眉村さんの遺影が置かれた。

 参列した同市在住の作家、有栖川有栖さんは「日本のSFを切り開いてきたスター作家。中学生の頃に作品を読んで以来、まぶしい存在だった。最後まで書けたことに満足なさっているのではないか」としのんだ。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです