メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しんかん

せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ/トガリ山のぼうけん(1)風の草原/考える力と情報力が身につく 新聞の読み方

[PR]

てい

 ☆せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ(サム・マクブラットニィ・ぶん/サム・アッシャー・吉上恭太よしがみきょうたやく徳間書店とくましょてん/1760えん

 いまから50ねんほどまえ、メアリー・ローズというおんなが、おづかいをためてクマのぬいぐるみをいました。「ウーウー」とづけて、どこへくにも一緒いっしょれていきました。ところがある、メアリー・ローズはウーウーを電車でんしゃなかわすれてしまったのです。すうじゅうねんのクリスマスにきたちいさな奇跡きせきこころがあたたかくなる絵本えほんです。

ちゅう

 ☆トガリやまのぼうけん(1)かぜ草原そうげん 新装しんそうばん(いわむらかずお・ぶん理論社りろんしゃ/1980えん

 トガリネズミのトガリィじいさんのもとに、まごたちがやってきました。トガリィじいさんはまごにせがまれ、わかいころにトガリやまにのぼった冒険ぼうけんかたはじめました。わかきトガリィは、テントウムシのテントと一緒いっしょ頂上ちょうじょう目指めざします。途中とちゅうでトノサマバッタやとりたちと出会であい……。1991~98ねん刊行かんこうされた絵本えほんシリーズの新装しんそうばんです。

こう

 ☆かんがえるちから情報力じょうほうりょくにつく 新聞しんぶんかた池上いけがみあきらちょ祥伝社しょうでんしゃ/1540えん

 毎小まいしょうでおなじみの池上彰いけがみあきらさんが、大人おとな新聞しんぶんかた解説かいせつします。新聞しんぶんは、だいたいほんさつぶん文字もじりょうです。1にちではれません。池上いけがみさんならどうする? どものころから新聞しんぶんきという池上いけがみさんらしさがひかります。また、インターネットで情報じょうほうはい時代じだいになぜ新聞しんぶん必要ひつようか、などについてもかんがえます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  3. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. ORICON NEWS 英文学者の外山滋比古さん死去 96歳、著書に『思考の整理学』

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです