メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しんかん

せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ/トガリ山のぼうけん(1)風の草原/考える力と情報力が身につく 新聞の読み方

[PR]

てい

 ☆せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ(サム・マクブラットニィ・ぶん/サム・アッシャー・吉上恭太よしがみきょうたやく徳間書店とくましょてん/1760えん

     いまから50ねんほどまえ、メアリー・ローズというおんなが、おづかいをためてクマのぬいぐるみをいました。「ウーウー」とづけて、どこへくにも一緒いっしょれていきました。ところがある、メアリー・ローズはウーウーを電車でんしゃなかわすれてしまったのです。すうじゅうねんのクリスマスにきたちいさな奇跡きせきこころがあたたかくなる絵本えほんです。

    ちゅう

     ☆トガリやまのぼうけん(1)かぜ草原そうげん 新装しんそうばん(いわむらかずお・ぶん理論社りろんしゃ/1980えん

     トガリネズミのトガリィじいさんのもとに、まごたちがやってきました。トガリィじいさんはまごにせがまれ、わかいころにトガリやまにのぼった冒険ぼうけんかたはじめました。わかきトガリィは、テントウムシのテントと一緒いっしょ頂上ちょうじょう目指めざします。途中とちゅうでトノサマバッタやとりたちと出会であい……。1991~98ねん刊行かんこうされた絵本えほんシリーズの新装しんそうばんです。

    こう

     ☆かんがえるちから情報力じょうほうりょくにつく 新聞しんぶんかた池上いけがみあきらちょ祥伝社しょうでんしゃ/1540えん

     毎小まいしょうでおなじみの池上彰いけがみあきらさんが、大人おとな新聞しんぶんかた解説かいせつします。新聞しんぶんは、だいたいほんさつぶん文字もじりょうです。1にちではれません。池上いけがみさんならどうする? どものころから新聞しんぶんきという池上いけがみさんらしさがひかります。また、インターネットで情報じょうほうはい時代じだいになぜ新聞しんぶん必要ひつようか、などについてもかんがえます。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです