メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

スポーツ 大成功、ラグビーW杯 最高のプレーあってこそ

ラグビーW杯準決勝。ラインアウトで競り合うウェールズと南アフリカ

[PR]

小坂こさかだい 毎日新聞まいにちしんぶん 運動うんどう部長ぶちょう

 9がつ20はつか開幕かいまくして、44日間にちかんにわたってあつ試合しあいつづいたラグビーのワールドカップ(Wはい日本にほん大会たいかいが2ふつか閉幕へいまくしました。決勝けっしょうみなみアフリカが32-12でイングランドをくだして3度目どめ優勝ゆうしょうかざりました。日本代表にっぽんだいひょう史上しじょうはじめて決勝けっしょうトーナメントにすすんだこともあり、おおいにがりました。

     Wはい主催しゅさいする国際統括団体こくさいとうかつだんたい・ワールドラグビー(WR)と大会組織委員会たいかいそしきいいんかい発表はっぴょうによると、全国ぜんこく12都市とし開催かいさいされたけい45試合しあい台風たいふうで3試合しあい中止ちゅうし)には170まん4443にん観客かんきゃくおとずれたそうです。もとイングランド代表だいひょうでWRのビル・ボーモント会長かいちょうは「この6週間しゅうかん経験けいけんは、すべてにおいて記録きろくやぶりだった。日本にっぽんひとたちのあたたかさやラグビーへの情熱じょうねつが、大会たいかい成功せいこうみちびいた」と評価ひょうかしました。

     観客かんきゃくおおきな声援せいえんだけでなく、感動かんどうてき話題わだいおおかったこともげました。ウルグアイ代表だいひょうをエスコートして入場にゅうじょうした8さいしょうねん選手せんしゅとともに国歌こっか熱唱ねっしょうして、感謝かんしゃされました。台風たいふう岩手県釜石市いわてけんかまいしし試合しあい中止ちゅうしになったカナダ代表だいひょう選手せんしゅ被災地ひさいちでボランティアをしました。いずれも大会たいかい公式こうしきツイッターなどでも紹介しょうかいされ、全世界ぜんせかいひろがって共感きょうかんびました。

     WRはツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の閲覧えつらんすう前回ぜんかいのイングランド大会たいかいの4ばい以上いじょうとなるやく17おくかいだったともあきらかにしました。テレビ中継ちゅうけいなどでは見逃みのがしてしまう、ちょっとしたエピソードや裏話うらばなし紹介しょうかい大会たいかいげたのです。これからのスポーツ観戦かんせんはSNSがかせない時代じだいになっています。

     そうはいっても、はげしいぶつかりいやスピードあふれるプレー、そして試合後しあいごたがいをたたえあう「ノーサイドの精神せいしん」など、やはり最大さいだい魅力みりょくはプレーそのものでした。らいねん東京とうきょうオリンピック・パラリンピックでも、みなさんをきつける競技きょうぎ期待きたいしましょう。


     1968ねん東京都とうきょうとまれ。運動部うんどうぶでサッカーのワールドカップを2大会たいかい、オリンピックは夏冬なつふゆ大会たいかい取材しゅざいしました。5ねんかん、ニューヨーク特派員とくはいん趣味しゅみはマラソン。出前授業でまえじゅぎょうけています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

    2. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

    3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです