メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくりお茶を

キューガーデンズの話 木々の近くに立つ

地上18メートルの高さに設けられた散歩道をとおって、木々を上から眺めることができる「ツリートップ・ウオークウエー」=イギリス・ロンドン郊外の「英国キュー王立植物園」で10月17日、太田阿利佐撮影

[PR]

 季節きせつわりです。あせをかいたり、きゅうさむくなったり……。みなさんはかぜをひいていませんか。編集長へんしゅうちょう見事みごとに(?)かぜをひきました。最初さいしょはのどのいたみで、いま鼻水はなみずはなづまりです。時々ときどき

     ぶわっくしょん!

    特大とくだいのくしゃみをしては、ちかくにすわっているデスクや校閲こうえつさんをビクッとさせています。いやはやもうわけない。

     はながつまると、あたまもぼおっとします。こんなとき仕事しごと勉強べんきょうもはかどりません。マンガをんでも爽快そうかいかんがない。いまひとつつまらない。

     最近さいきん、ぼおっとしているとき自分じぶんがキューガーデンズのことをかんがえていることにがつきました。

     キューガーデンズの正式せいしき名前なまえは「英国えいこくキュー王立おうりつ植物園しょくぶつえん」です。イギリスの首都しゅとロンドンの郊外こうがい、テムズがわ岸辺きしべに132まん平方へいほうメートルもの敷地しきち(これはサッカーのフィールドが180以上いじょうはいおおきさです)を植物園しょくぶつえんです。そこには3まんしゅ以上いじょう植物しょくぶつあつめられ、やくまん4000ぼんものえられています。世界最大せかいさいだい規模きぼ植物園しょくぶつえんとして、世界遺産せかいいさんになっています。

     わたしがここをおとずれたのはつい3週間しゅうかんほどまえのこと。ちょうど日本にっぽんより1かげつほど季節きせつさきっているかんじで、空気くうきはひんやりとつめたく、木々きぎ紅葉こうようはじめていました。

     キューガーデンズには、公開こうかいされている温室おんしつむっつあります。なかでも1860ねん日本にっぽん江戸時代えどじだい末期まっき建設けんせつはじまった「テンペレート・ハウス」は、しろ鉄骨てっこつとガラスでできた宮殿きゅうでんのようなうつくしさです。なかには、オーストラリアやアジア、アメリカなどからあつめられた貴重きちょう植物しょくぶつがびっしりとえられています。

     でもキューガーデンズのなによりの魅力みりょくは、どっしりとして、てんをつくようなおおきな木々きぎがたくさんあることだとわたしおもっています。みき周囲しゅういすうメートルもあるような木々きぎにそっとうと、なんだか呼吸こきゅうらくになるよう。樹齢じゅれい250ねんえる木々きぎ見上みあげていると、時間じかんながれが普段ふだんとはちがうようにおもえてきます。

     したからだけでなく、木々きぎうえからながめる仕組しくみも用意よういされています。「ツリートップ・ウオークウエー」、直訳ちょくやくすると「のてっぺんの散歩道さんぽみち」です。地上ちじょう18メートルのたかさに鉄骨てっこつでできたみちがあり、のてっぺんを間近まぢかながらあるくことができます。とりたちにはこんなふうにえているんだなあ……。みちゆかてつあみなので、真下ましたながめることもできます。ただちょっとこわいので、あまりおすすめしません。わたしたかいところがこわいのですが、それでもたのしくておもしろくて、すりにしがみつきながら一周いっしゅうしました。おもすと、むねがドキドキわくわくしてきます。

     あ、かった。あの木々きぎおもすと、わたしいきらくになるんです。みなさんはそういうこと、ないですか。

     あき散歩さんぽにいい季節きせつ。ぜひ公園こうえん植物しょくぶつえんあるいてみてください。でもどうか、かぜにはをつけて。ああ、はながつまるって本当ほんとうくるしい!【編集長へんしゅうちょう太田阿利佐おおたありさ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです