メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

新宿にある「温度」と「香り」にこだわったお寿司屋さん。来店の際は予約がオススメ!

情報提供:まとメシ

 メニューにズラリと並ぶのは、その日使用するネタと産地の一覧。一見しただけで店主の素材への熱い思いが垣間見え、期待に胸が高鳴るはずだ。

すし ふくづか(最寄駅:飯田橋駅)

46度にこだわったほんのり温かな酢飯に唸る

例えば、マグロは大間やボストン産の天然物。部位ごとに使い分け、熟成させて最良のタイミングで提供するという。ネタもさることながら、シャリにも見逃せないこだわりがある。「シャリは温かめの46度が一番美味しい」と店主が胸を張る通り、ほんのり温かな酢飯を使っているのだ。赤酢と米酢をばらちらし用にブレンドしており、ふくよかな旨みと程よい酸味が一層楽しめる。そのシャリと存在感あるネタすべてが渾然一体となり、感動の美味しさを生み出している。席数が限られているので、予約して訪れたい。

特ばらちらし(焼き胡麻豆腐、和野菜の和え物、お椀、お口直し付

3600円(※平日のみ) 8b70b0f6f77b9411d6231f7f86aedb01 ウニ、大トロ、車エビがたっぷりとのる。少々値は張るが、その価値は十分!

上ばらちらし(焼き胡麻豆腐、和野菜の和え物、お椀、お口直し付き)

1800円(※平日のみ) 69ae85c0c3ff6ab9982ba1d2e7447d34 「上ばらちらし」でも十分に満足度が高い。器は古伊万里で提供 750a5dc2bdf26fa0ea418ad1135adc33 「特ばらちらし」「上ばらちらし」にそれぞれ付く。もっちりとした食感とゴマの風味が魅力の自家製焼き胡麻豆腐や和野菜の和え物など、どれも唸る美味しさ。この日の口直しは手作りのラズベリーシャーベット

すし ふくづかの店舗情報

ea9219bb84c77ed66841b9708e86e1f5 [住所]東京都新宿区津久戸町3-5 2階 [TEL]03-5579-2860 [営業時間]12時~14時(13時半LO)、17時半~23時半(21時半最終入店)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンターのみ全7席/全席禁煙/予約可/カード可/夜はサ10%、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3番出口から徒歩5分

電話番号 03-5579-2860
撮影/貝塚隆 取材/市村幸妙 2018年11月号発売時点の情報です。

関連記事

寿司 髙はし(寿司/駒込)のグルメ記事と写真

すし 松玄(寿司/恵比寿)のグルメ記事と写真。

すし晴海(寿司/銀座)|赤酢と白酢の2種のシャリを使い分ける

鮨處 やまだ(寿司/銀座)|旨みが変化した熟成ネタの奥深さに唸る

寿司孝|秘伝のヅケから大トロの希少部位まで食べ比べ(寿司/門前仲町)


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです