メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首里城焼失にエイサーまね 映画監督、批判受け謝罪/沖縄

[PR]

 東京都港区六本木で、2日夜から3日朝にかけて行われた映画イベント「シン・ファンタ」に参加した映画監督の西村喜廣氏(52)が、首里城焼失の話題の際にエイサーを踊るようなまねをしていたことが分かった。会員制交流サイト(SNS)を中心に「火事で県民が踊っていたように受け取られる」などと批判が殺到し、西村氏と主催者が謝罪した。

 イベント内で、西村氏がプロデューサーを務めた映画が上映され、同氏はゲストとして登壇した。映画に出演した県出身女優の花影香音さんに「首里城のこととか」と語り掛け、エイサーを踊るようなしぐさを見せた。SNSなどで「不謹慎だ」と批判が相次ぎ、西村氏はツイッターで5日、「不快な思いをさせてしまった」と謝罪した。

 西村氏は本紙の取材に「いつまでも悲しまず、切り替えた方がいいと伝えたかった。軽率な発言だった」と釈明。イベントを主催した東京国際映画祭の担当者は「不適切な発言だった。関係者におわびする」と話した。(琉球新報)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです