メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

スアレスの去就について代表チームメイトが注目発言…「遅かれ早かれ売却される」

情報提供:サッカーキング

[写真]=Getty Images
 バルセロナでのキャリアに先が見えつつあるウルグアイ代表FWルイス・スアレスの将来について、代表のチームメートであり、MLSのシアトル・サウンダーズに所属するMFニコラス・ロデイロが注目の発言をした。ウルグアイのWEBメディア『Fútbol uy』が報じている。

「彼はMLSに来たがっている」

 ロデイロは11月10日に行われるMLSカップ、トロントFC戦の前日会見に登壇。スアレスの去就について「彼はMLSに来たがっている」と語り、このように続けた。

「彼はいつもMLSのことを僕に質問してくる。以前の彼の夢はバルセロナでプレーすることだった。今は高いレベルを維持しているし、スペインで快適にプレーしている。だけど遅かれ早かれ、彼はMLSのクラブに売却されるはずだ。いつの日かシアトル・サウンダーズで一緒にプレーできればいいね。実現するのは難しいと思うけど、(スアレスのMLS移籍は)時間の問題だと思うよ」

バルセロナは代役探しに乗り出す?

 スアレスは2014年にリヴァプールからバルセロナに移籍したが、その年にサウンダーズのガース・ラガーウィーGMと会話をしていたそうで、ロデイロは当のラガーウィーGMから「スアレスは『7年後にアメリカに行く』と言っていた」という証言を得たという。

「『7年後』というのは、恐らく彼の契約が満了を迎える時だろうね。ラガーウィーGMには『彼の準備ができて、サウンダーズが獲得できたらとてもうれしい』と伝えておいたよ」

 バルセロナはスアレスの代役となるストライカーを探していると言われており、最近ではアーセナルのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに関心を示していると報じられている。

【関連記事】
レジェンドGKが痛烈な珍提言…「メッシは快適な場所を離れてレアルに行け!」
大ケガのA・ゴメスを古巣バルセロナが激励…サポーターからも続々とメッセージが!
ジダン監督、同胞エンバペの将来について注目発言「彼の夢は…」
久保建英の現状にジダン監督が激怒?…冬のマーケットで再移籍の可能性も
CL出場権を逃せば移籍も…アーセナルFWにバルサ行きの可能性が浮上

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです