メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

すこたんソーシャルサービス 三宅大二郎代表(28) /千葉

三宅大二郎さん

 同性愛をはじめとする多様な性的少数者を支援する当事者団体「すこたんソーシャルサービス」(事務局・千葉市)の新代表に就任した。同団体は今年9月に設立25周年を迎えた。同1日に開かれた記念パーティーで就任を発表し、「私たちの今は、先人たちの怒りや抵抗、涙があってつながってきた。愛と闘いのバトンを次につなげていきたい」と抱負を語った。

 小学生のころから、男性であることに違和感があった。高校生のころは体つきが男らしくなっていくのが嫌で、細身になろうとダイエットに懸命だった。「皆と一緒にならなきゃ」と思いながらも、中性になりたいと望み、「自分って何なんだろう」と考えた。19歳の時に大学の図書館で、すこたんを創設した伊藤悟さん(66)と簗瀬竜太さん(57)の本を読んだ。「自分だけじゃない」という喜びの一方、性的少数者への差別の現状も…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです