連載

介護崩壊

高齢化で介護や医療インフラが圧倒的に足りなくなりつつある。家族介護に逆戻りしかねない「超介護危機」がすぐそこに迫っている。2040年に向かって何が起ころうとしているのか。

連載一覧

介護崩壊

2040年への序章/6止 「自宅で最期を」かなえる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉県医師会のリビングウイル記入書類
千葉県医師会のリビングウイル記入書類

 病院や施設ではなく、自宅で最期を迎えたいと考える人が約55%いる(2012年内閣府調査)。介護インフラが崩れつつあるいま、その希望をかなえることは可能なのか。本人、家族、医師の緊密な協力で初めて実現できる「最後の介護、最後の医療」とは何か。

 ●延命治療望まない

 東京都世田谷区の関屋幸代さん(85)は9年前、悪性リンパ腫だった夫の成夫(しげお)さん(当時84歳)を、次男の利治さん(55)と一緒に自宅で見送った。

 病院嫌いだった成夫さんは病気が分かったあと、病院で2カ月間抗がん剤治療を受け、その後は住み慣れた自宅で1年間、治療と緩和ケアを続けた。

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1439文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集