メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/6止 「自宅で最期を」かなえる

千葉県医師会のリビングウイル記入書類

 病院や施設ではなく、自宅で最期を迎えたいと考える人が約55%いる(2012年内閣府調査)。介護インフラが崩れつつあるいま、その希望をかなえることは可能なのか。本人、家族、医師の緊密な協力で初めて実現できる「最後の介護、最後の医療」とは何か。

 ●延命治療望まない

 東京都世田谷区の関屋幸代さん(85)は9年前、悪性リンパ腫だった夫の成夫(しげお)さん(当時84歳)を、次男の利治さん(55)と一緒に自宅で見送った。

 病院嫌いだった成夫さんは病気が分かったあと、病院で2カ月間抗がん剤治療を受け、その後は住み慣れた自…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです