メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/6止 「自宅で最期を」かなえる

千葉県医師会のリビングウイル記入書類

 病院や施設ではなく、自宅で最期を迎えたいと考える人が約55%いる(2012年内閣府調査)。介護インフラが崩れつつあるいま、その希望をかなえることは可能なのか。本人、家族、医師の緊密な協力で初めて実現できる「最後の介護、最後の医療」とは何か。

 ●延命治療望まない

 東京都世田谷区の関屋幸代さん(85)は9年前、悪性リンパ腫だった夫の成夫(しげお)さん(当時84歳)を、次男の利治さん(55)と一緒に自宅で見送った。

 病院嫌いだった成夫さんは病気が分かったあと、病院で2カ月間抗がん剤治療を受け、その後は住み慣れた自宅で1年間、治療と緩和ケアを続けた。

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  4. 東京都 感染拡大防止協力金に最大100万円 休業要請の事業者に

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです