メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『<情弱>の社会学』=柴田邦臣・著

 (青土社・2420円)

 情弱とは「情報弱者」の略である。いまネット上に氾濫する単語のひとつだが、かなりネガティブな意味で使われることが多い。インターネットを使えない人、使えるが情報の取捨選択がうまくない人、求めている情報にたどりつく経路を思いつかない人などを見下すニュアンスで使われる言葉なのである。

 著者はそこに、「人はみな情報強者でなければならない」という強迫観念を見いだす。その強迫観念がわれわれをスマホ依存症にする。ほんのちょっとした選択や決定のたびにそれらしい単語を検索窓に入力し、信頼度も確認できないたくさんのサイトを渡り歩いて時間をむだにする日常は、健康的とはいえない。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. J1川崎7連勝 果敢に攻める小林、高打点ヘディングシュート決める「もっと点を」

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです