メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『中国 古鎮をめぐり、老街をあるく』=多田麻美・著、張全・写真

 (亜紀書房・2090円)

 中国留学中に北京の昔ながらの路地「胡同」の魅力を知り、北京に長く住んだ著者が、中国各地を歩いた記録だ。「古鎮(グーゼン)」とは歴史ある街並みを残す中小規模の地方都市や村落、「老街(ラオジエ)」は街に古くから残る通りを指す。ガイドブックであまり紹介されない場所もあり、懐かしさを残す街の雰囲気が伝わってくる。

 著者が紹介するのは28カ所。多くの日本人なら北京や上海などの大都市の滞在にとどまるところだが、重慶市や貴州省、湖北省、江西省の奥にまで足をのばす。お酒で有名な浙江省紹興や磁器の都として知られる江西省景徳鎮、少林寺にゆかりのある河南省の村など。村の人との何気ない会話や歴史を読むと、そこにいるような気になる。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 世界の再生エネ発電量、初めて原発上回る 19年 太陽光や風力急増

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです