メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『新医療経済学 医療の費用と効果を考える』=井伊雅子・五十嵐中・中村良太・著

 (日本評論社・2530円)

 日本の財政赤字がなぜ大きいのか。多くの人は、「国が無駄遣いをしているからだ」と思っている。公共事業や公務員数の削減で消費税を上げなくても保育所を増やせるし、学校教育も充実できる、という主張をする政党が選挙の際に登場し、時には多くの票を取ることからそれが分かる。

 しかし、日本の財政赤字が巨額になっている大きな理由は、社会保障給付で、医療費と介護費は毎年数千億円ずつ増えている。特に、高齢者向けの医療と介護の経費なのである。税金や社会保険料の負担の増加を抑えていくためには、同じ金額でもっとも効果が大きな医療サービスにお金を使うような仕組みを作っていく必要がある。

 医療費がすべて個人負担であれば、命に関わることだから医療費にいくらお金がかかってもいい、という考え方でも問題ない。しかし、日本の医療費や介護費は、税金や社会保険料からも賄われているのだから、教育や防災のための支出と比較するという問題が避けられない。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです