メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『とんがりモミの木の郷 他五篇』=セアラ・オーン・ジュエット著、河島弘美・訳

 (岩波文庫・1012円)

 近代アメリカ文学の新しい情景を知ることができた。

 セアラ・オーン・ジュエット(一八四九―一九〇九)の代表作「とんがりモミの木の郷(さと)」(本邦初訳)ほか五編で構成。この女性作家の本が、日本で出るのは、この文庫が初めて。

 ジュエットは、入植時代からの古い歴史と文化をもつアメリカ北東部ニューイングランドのメイン州の町に生まれた。子どものとき、医師の父に連れられて各地を歩き、ニューイングランドの自然、農民、漁民の生活を知り、一〇代で創作の道へ。一八九六年、四七歳のときに発表した「とんがりモミの木の郷」は、地方に生きる人たちの静かな記憶をたどるものだ。

 「長く延びた岸辺を覆う数多(あまた)のとんがりモミの木は、黒っぽい外套(がいとう)でもまとって船出を待つかのように立ち並んでいた」。遠くに小さな島々の見える海辺の町で、文筆家の「わたし」は、ひと夏を過ごす。下宿先の家主ミセス・トッドはさまざまな薬草を栽培し、近所の人たちに分けている。「わたし」はその手伝いをしながらミセス・トッドの話を聞く。そこから離れたグリーン島に住むミセス・トッドの母親を、い…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです