メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『純真なエレンディアと邪悪な祖母の信じがたくも痛ましい物語』 編訳者・野谷文昭さん

インタビューに答える野谷文昭さん=東京都杉並区で2019年10月3日12時21分、棚部秀行撮影

 ◆『純真なエレンディアと邪悪な祖母の信じがたくも痛ましい物語 ガルシア=マルケス中短篇傑作選』 編訳者・野谷文昭(のや・ふみあき)さん

 (河出書房新社・2750円)

現代の言葉で新訳に更新

 コロンビアのノーベル賞作家、ガルシア・マルケス(1927~2014年)の代表的な中短編10作を収めている。過去に他の翻訳者によって紹介された作品を、新訳で現代に更新した。ガルシア・マルケスの濃密な文学世界が多面的に浮かび上がるアンソロジーだ。

 「初期に訳された70年代に比べると、今はインターネットが発達してはるかに情報が増えて状況が変わって…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです