メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自分らしさってなんだろう。

感情や思いへ素直に=下山田志帆のLGBTアスリート考

下山田志帆選手=尾籠章裕撮影

 「女子サッカー選手やってます。そして、彼女がいます」。今年2月、同性愛者であることをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで告白しました。どこにいても自分らしく生きたいと思ったからです。

 私のいる女子サッカー界では女性を恋愛対象とする「メンズ」という存在が受け入れられていて、中学時代から身近でした。高校に入り、初めて自分がメンズだと確信しましたが、メンズの存在に寛容な女子サッカー界の中では自分らしく過ごすことができていました。でも、大学に入って外の社会に出ると、女性らしさを求められたり、好みの男性のタイプを聞かれたり。小さなストレスが積み重なり、苦しかったです。

 大学卒業後の2017年にドイツに渡り、2部リーグのSVメッペンでプロサッカー選手としてプレーしまし…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです