メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 奇跡のリンゴ、復興の力に 長野・残った畑で収穫

[PR]

手伝いに来た子と一緒に台風19号の浸水被害から逃れたリンゴを収穫する徳永虎千代さん(右)=長野市豊野町で2019年11月9日午前10時41分、竹内紀臣撮影

 台風19号の影響で千曲川の堤防が決壊し、リンゴ畑の8割近くが水没した長野市のリンゴ農家、徳永虎千代さん(27)は9日、被害を免れたリンゴの収穫作業を始めた。徳永さんはこれを「奇跡のリンゴ」と呼び、復興の足掛かりにしようと前を向いている。

 徳永さんのリンゴ畑は4ヘクタールのうち約8割が千曲川の決壊地点から半径2キロ圏内にあり、浸水被害に遭った。決壊地点から北に約4キロ離れた高台の畑は無事だった。徳永さんは「お客さんに届けることができてよかった」と喜ぶ。12月初旬までに収穫し、予約客に出荷する予定だ。

 この日は友人ら8人が収穫を手伝った。長野市の会社員、小中啓輔さん(32)は「リンゴが被害を受けた報道を見てつらい気持ちになった。少しでも力になれれば」と家族3人で参加した。【島袋太輔】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです