メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/2 熊本・鹿児島、中学生自殺 初動調査に不信感 遺族「不適切指導」疑い

中学入学直後に亡くなった男子生徒(中央奥に遺影)のランドセルやかばん。今も遺族は大切に保管している=熊本市で2019年11月1日、樋口岳大撮影

 今年4月、熊本市立中に入学直後の男子生徒(当時13歳)が学校から帰宅後、自宅マンションから飛び降りて命を落とした。

 その1カ月前の小学6年だった3月、生徒の母(45)を含む保護者グループが「体罰や暴言を繰り返した」として当時の担任だった男性教諭の処分を市教委に要請していた。かねて厳しい指導が問題となっていた。

 生徒は同級生が体罰や暴言を受けていたことに心を痛め「先生がうざい」と母に漏らしていた。3月には別の…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです