メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/2 熊本・鹿児島、中学生自殺 初動調査に不信感 遺族「不適切指導」疑い

中学入学直後に亡くなった男子生徒(中央奥に遺影)のランドセルやかばん。今も遺族は大切に保管している=熊本市で2019年11月1日、樋口岳大撮影

 今年4月、熊本市立中に入学直後の男子生徒(当時13歳)が学校から帰宅後、自宅マンションから飛び降りて命を落とした。

 その1カ月前の小学6年だった3月、生徒の母(45)を含む保護者グループが「体罰や暴言を繰り返した」として当時の担任だった男性教諭の処分を市教委に要請していた。かねて厳しい指導が問題となっていた。

 生徒は同級生が体罰や暴言を受けていたことに心を痛め「先生がうざい」と母に漏らしていた。3月には別の教諭が学校で生徒のノートに「死」と書いてあるのを見つけた。教諭が書いた理由を尋ねると「ストレス解消」と生徒が軽い様子で答えたため、校長らは親に伝えていなかったという。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです