メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/2 熊本・鹿児島、中学生自殺 初動調査に不信感 遺族「不適切指導」疑い

中学入学直後に亡くなった男子生徒(中央奥に遺影)のランドセルやかばん。今も遺族は大切に保管している=熊本市で2019年11月1日、樋口岳大撮影

 今年4月、熊本市立中に入学直後の男子生徒(当時13歳)が学校から帰宅後、自宅マンションから飛び降りて命を落とした。

 その1カ月前の小学6年だった3月、生徒の母(45)を含む保護者グループが「体罰や暴言を繰り返した」として当時の担任だった男性教諭の処分を市教委に要請していた。かねて厳しい指導が問題となっていた。

 生徒は同級生が体罰や暴言を受けていたことに心を痛め「先生がうざい」と母に漏らしていた。3月には別の教諭が学校で生徒のノートに「死」と書いてあるのを見つけた。教諭が書いた理由を尋ねると「ストレス解消」と生徒が軽い様子で答えたため、校長らは親に伝えていなかったという。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです