メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「阿弥陀仏」川岸の岩肌に謎の墨書 遭難者を供養?

中央左寄りに「文化八歳」、さらに左に「阿弥陀佛」と書かれている=豊後大野市緒方町で、2019年10月30日、衛藤親撮影

 大分県豊後大野市を流れる奥嶽川のそばの岩壁に、筆跡の異なる古い墨書が見つかった。「阿弥陀佛(あみだぶつ)」「文化八歳」などとあるほか、人名も書かれている。江戸時代後期から数十年の間に複数の人が書いた可能性がある。墨書を見つけた同町の団体職員、嶋津広紀さん(64)は「この場所で遭難した人を供養したものかも知れない。由来を知りたい」と話す。

 墨書があったのは、同市緒方町上畑の奥嶽川左岸で、県道7号(緒方高千穂線)のすぐ脇に切り立つ崖。2メ…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです