メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

炎鵬 幕内4場所目で初の黒星発進 苦手・剣翔「警戒しすぎた」

剣翔(上)に上手投げで敗れた炎鵬=福岡国際センターで2019年11月10日、上入来尚撮影

[PR]

 大相撲九州場所初日の10日、幕内最小168センチ、最軽量98キロの炎鵬は幕内4場所目で初の黒星スタートとなった。

 すっかり人気が定着し博多のファンからも大声援を受けたが、相手は過去4戦4敗の剣翔。苦手意識がもろに出てしまった。

 「立ち合いは良かった」という通り、懐に潜って左を差し、相手の腹に頭を付けて右前みつをつかんだ。

 ところがここで、投げを打った瞬間に前に出られた先場所の敗戦が頭をよぎったという。一瞬、投げをためらったところで、剣翔に右上手をがっちり引かれてしまう。動きを封じられ、苦し紛れに前に出たところを、上手投げで裏返された。

 「警戒しすぎた」と炎鵬。自身最高位の西前頭6枚目で、今場所は今まで以上に実力者との対戦が組まれる。「思い切っていくだけ」と気合を入れ直した。【吉見裕都】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです