メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

齋藤芽生 密愛村Ⅲ 密輸される乙女たち 過去から紡ぐ世界

齋藤芽生《密愛村Ⅲ「密輸される乙女たち」》2011年、60センチ×60センチ、個人蔵Photo (C)Ken Kato Courtesy of gallery Art Unlimited

 不穏にして濃密。朽ちたモーテルや奇妙な事物が精緻に描かれた画面を見つめるうち、妖しい世界にからめ捕られそうな感覚を覚える――。画家、齋藤芽生さん(46)の代表作「密愛(みつあい)村」はそんな魅力を持つ絵画シリーズだ。

 「夜の車道の果ての歓楽地」をテーマに2010年から展開する。旅先で実際に目にした建物や光景に夢想を加えて絵画化してきた。先行作品は昭和歌謡曲の世界を思わせる「男女の道行き」が表出されたが、本展に登場するシリーズⅢは婚礼にまつわる不気味な物語が描かれる。

 「密輸される乙女たち」と題した本作は運搬用コンテナと古典的な「誰(た)が袖図」のように綱に掛けられ…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです