メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

齋藤芽生 密愛村Ⅲ 密輸される乙女たち 過去から紡ぐ世界

齋藤芽生《密愛村Ⅲ「密輸される乙女たち」》2011年、60センチ×60センチ、個人蔵Photo (C)Ken Kato Courtesy of gallery Art Unlimited

 不穏にして濃密。朽ちたモーテルや奇妙な事物が精緻に描かれた画面を見つめるうち、妖しい世界にからめ捕られそうな感覚を覚える――。画家、齋藤芽生さん(46)の代表作「密愛(みつあい)村」はそんな魅力を持つ絵画シリーズだ。

 「夜の車道の果ての歓楽地」をテーマに2010年から展開する。旅先で実際に目にした建物や光景に夢想を加えて絵画化してきた。先行作品は昭和歌謡曲の世界を思わせる「男女の道行き」が表出されたが、本展に登場するシリーズⅢは婚礼にまつわる不気味な物語が描かれる。

 「密輸される乙女たち」と題した本作は運搬用コンテナと古典的な「誰(た)が袖図」のように綱に掛けられた婚礼衣装、放置された花嫁のかつらがネオンの光に浮かぶ。コンテナに潜んでいたであろう女性たちは逃走したのか、姿が見えない。異質の物同士を組み合わせた画面はシュールな緊張感をはらむが、対岸に灯が瞬く夜の港は現実の光景と呼応する。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 柏崎刈羽7号機の安全対策工事 東電「完了」、実は終わらず

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです