メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

変わるクリスマスシーン=専門編集委員・川崎浩

リア・ミシェル=撮影:Yu Tsai=ソニー・ミュージック提供

 月も半ばになり日が短くなると、どこかせわしない年の瀬の気分が世間ににじみ上がる。街はハロウィーンのカボチャからトナカイの飾りに変わり、衣料品店はダウンジャケットが店頭にせり出す。では、音楽はクリスマスソングか、といえば、1990年前後のバブル期をピークにクリスマスソングが街を染めるブームは潮が引き、当時ならショップ店頭に積み上げられたクリスマス特別編集CDの山は、影もない。平成と令和の様変わり風景の顕著な例であろう。

 そんな環境で、頑張ってリリースされたのがリア・ミシェルの「クリスマス・イン・ザ・シティ」(ソニー)…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです