メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

東京にしかない味=勝田友巳

「わたしの叔父さん」が「東京グランプリ」を受賞しトロフィーを掲げるフラレ・ピーダセン監督(左)と主演のイェデ・スナゴー=滝川大貴撮影

 第32回東京国際映画祭が閉幕した。「やってたの?」なんて言うなかれ。東京は世界有数の映画祭だ。国際映画製作者連盟の区分では、カンヌ、ベルリン、ベネチアの3大国際映画祭と同じ。15しかない“Aクラス”なのである。

 しかしその割に、内外に存在感がない。目玉のコンペ作品は格段に良くなった。映画祭業界の競争は厳しく、優れた新作をうの目たかの目で取り合っている。未知の秀作を世界に送り出すのが映画祭の役割の一つだし、才能を育てることは格にもなるからだ。東京は有力映画祭の落ち穂拾いのような時期もあったが、近年は健闘。今回東京グランプリの「わたしの叔父さん」も、製作国デンマークでの公開に先がけて、東京が初上映である。期間中の…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです