メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

語り継がれる「悲劇」

河川敷に建立された多摩川決壊の碑。台風19号の際は一時的に撤去され、安全な場所で保管された=東京都狛江市で

 濁流にのみ込まれる我が家から、家族が必死に持ち出したのは、思い出の詰まったアルバムだった。崩壊する家族の姿を描いたドラマ「岸辺のアルバム」(1977年放映)の一幕だ。主演は先月亡くなった八千草薫さん。消えかけた絆を象徴的に表現したのがアルバムだった。

 題材は74年9月、東京都狛江市を襲った実際の水害だ。台風による増水で多摩川の堤防が決壊。19棟の住宅を押し流し…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 頭に10カ所、両足の裏に40カ所の傷…結愛ちゃん虐待 詳細明らかに

  2. 日本馬3頭がG1制覇! 香港競馬最大の祭典「国際競走」 恒例の花火中止も盛況

  3. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  4. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  5. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです