メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘

 この前、たまたま近くで用事が終わったので、中学生くらいまで住んでいた武庫之荘(兵庫県尼崎市)の街をぶらぶらしてみました。幼少期の記憶の濃縮具合はすごくて、一歩一歩進むたびに、あの頃の記憶の再生がすごかったです。

 かれこれもう24年経(た)つのに、とんでもなく変化しているわけではないところが、またたまらなかった。田んぼもまだあったし、他にも当時のままの場所がたくさん。誰の家かは思い出せないけどこの家よう遊びに行ってたなぁ、とか、この裏路地まだあるんかい!とか。だんだんテンション上がってきて、「うわ~、なるほど。うわ…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです