メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島之内若手落語家チャンピオンシップ 新たな若手登竜門 12月

「島之内若手落語家チャンピオンシップ」について記者会見した審査員の(前列左から)桂米団治、笑福亭仁智、桂春若と、出演する(後列左から)桂和歌ぽん、桂三河、露の紫=大阪市北区の上方落語協会で、用貝成子撮影

 若手の落語チャンピオンを決定するコンクール「島之内若手落語家チャンピオンシップ」が12月28日、銭屋ホール(大阪市天王寺区)で行われる。若手落語家の登竜門「新進落語家競演会」が終了したため、上方落語協会が主催となって新設する。

 今回は2008~09年に入門した同協会所属の若手8人が出場。審査員は笑福亭仁智会長らが務め、100点満点で全員に異なる点数を付ける。10分の持ち時間超過で失格となる。優勝者は賞状と賞…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  5. 菅官房長官が71歳に「国民の声に耳傾け」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです