「宇高航路」休止へ 四国と岡山の直通途絶え、住民困惑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宇野港(岡山県玉野市)行きの「第8おりいぶ丸」に乗り込む利用者たち=高松市サンポートの高松港で2019年11月11日午後1時2分、潟見雄大撮影
宇野港(岡山県玉野市)行きの「第8おりいぶ丸」に乗り込む利用者たち=高松市サンポートの高松港で2019年11月11日午後1時2分、潟見雄大撮影

 高松港(高松市)と宇野港(岡山県玉野市)を結ぶ「宇高航路」でフェリーを運航する「四国急行フェリー」(高松市)は11日、国土交通省四国運輸局に、12月16日から休止する届け出を提出、受理されたと発表した。利用者の減少で赤字経営が続いているため。1910年の開通以来、初めて四国と岡山との直通航路が途絶える。

 記者会見した堀川満弘社長は「累積赤字が数億円に達し、苦渋の決断」と述べた。2009年に始まった高速道路の料金割引の影響で利用者が減少し、11年に赤字に転落。今年度は1億円超の赤字が見込まれる。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文786文字)

あわせて読みたい

注目の特集