メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警官が香港デモ参加者に実弾発砲 警察は「脅威を感じて…」と正当化

 政府への抗議デモが続く香港で11日朝、警官がデモ参加者に実弾を発砲し、男性(21)が腹部を撃たれ重体となった。実弾発砲に反発する民主派の市民らは、幹線道路を一部占拠するなど新たな抗議活動を行い、当局との対立が一層激化している。

 現場は香港島東部の西湾河地区。香港メディアの映像によると、もみ合いを制止しようと近付いてきた黒服、覆面姿の男性に対し、警官が至近距離から腹付近に向けて発砲。さらに駆け寄ってきた若者らにも2発発砲した。香港メディアは当初、発砲によるけが人を2人と報じたが、政府は男性1人と発表した。

 警察当局は同日、記者会見し「警官が脅威を感じて発砲した。事前に警告する時間はなかった」と発砲を認めたうえで正当化した。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです