メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号、あす1カ月 「今は目の前のことを」 犠牲者ゼロの宮城県大郷町

㊤宮城県大郷町の吉田川堤防決壊現場=2019年10月13日、本社ヘリから撮影㊦堤防を築く復旧工事が進んでいる=11月7日、本社ヘリから大西岳彦撮影

 東日本各地に大きな爪痕を残した台風19号の上陸から12日で1カ月になる。決壊した全堤防140カ所(71河川)の仮堤防は今月8日までにいずれも完成。今後、各地で本格的な復旧工事が進められる予定だ。未曽有の広域災害でボランティアも足りず、片付けが進まない家が多い。今も10都県の約2800人が避難生活を送っている。

 吉田川の堤防が約100メートルにわたって決壊した宮城県大郷町の現場では、ブルーシートが敷かれ、堤防の河川側に鉄板を埋める工事が行われている。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです