特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

温暖化対策コストが10分の1に? 2050年で年5.3兆円 京都大など試算

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地球温暖化対策で、温室効果ガスの排出を80%削減する日本の長期目標を達成するためには、達成目標の2050年時点で年約5兆3000億円のコスト負担が必要とのシミュレーション結果を、京都大などの研究チームがまとめた。過去の複数のシミュレーションより最大で10分の1に圧縮されたという。

 チームによると、この5年で太陽光発電パネルや蓄電池など再生可能エネルギー導入コストが劇的に下がった状況を反映した。藤森真一郎・京大准教授(環境システム工学)は「企業や個人に負担を強いるが、経済的に十分に実行できることを示している」と説明する。

 世界各国の温暖化対策は来年、共通ルールの「パリ協定」がスタートし、産業革命前からの気温上昇を2度未満に抑えることを目指す。各国は25~30年と50年に達成する目標をそれぞれ掲げ、長期的な大幅な削減には二酸化炭素(CO2)を大量に排出する石炭火力発電などからの脱却や、電気自動車の導入など、企業や個人の取り組みが必要になる。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文774文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集