メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

歩行者が巻き込まれる交通事故が発生した現場=東京都豊島区南池袋で2019年4月19日午後1時20分、本社ヘリから

 東京・池袋で4月、近くに住む主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故で、警視庁は12日にも、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検する方針を固めた。捜査の結果、車に異常はなく、ブレーキを踏んだ形跡がないことから、ブレーキとアクセルの踏み間違えが事故の原因と断定したとみられる。

 事故は4月19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4の都道で起きた。飯塚元院長の車は縁石に接触…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです