メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大雨で仕事休む勇気を」台風で妻が車ごと流された夫のせめてもの願い

妻ゆきみさんの遺影を前に、会うことを楽しみにしていた孫の写真をみつめる石川喜巳穂さん=宮城県大和町で2019年11月8日午後3時47分、百武信幸撮影

 「危ないからお父さんは戻って」――。乗っていた車が流され、犠牲になった宮城県大和(たいわ)町の石川ゆきみさん(58)は、夫喜巳穂(きみお)さん(66)を思いやる言葉を残し、命を落とした。

 ゆきみさんは10月12日、車でパートに出掛けた。風雨が強まった午後11時12分、同県利府町で仕事中だった喜巳穂さんは妻が勤務を終える時間を見越し、「スピードを控えめに、気を付けてお帰り下さい」と携帯電話でメールを送った。パート先の食品工場は隣町の富谷市にあり、自宅までは車で20分ほど。大丈夫と思いつつ、不安がよぎってのことだった。

 8分後、ゆきみさんから上ずった声で電話がかかってきた。「お父さん助けて。車が水かぶって止まっちゃった。浮いて流されている」。「助けに行くから待ってろ」と伝えて119番し、車で勤務先を飛び出した。県道は各所で冠水し、水をかぶってエンジンが3回ストップ。ようやく近くまで来たが…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです