「天照大神を見た」!?「虹」「伝統」から考える即位フィーバーのモヤモヤ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「高御座」に立ち、「即位礼正殿の儀」に臨む天皇陛下と「御帳台」に立つ皇后雅子さま=皇居・宮殿「松の間」で2019年10月22日(代表撮影)
「高御座」に立ち、「即位礼正殿の儀」に臨む天皇陛下と「御帳台」に立つ皇后雅子さま=皇居・宮殿「松の間」で2019年10月22日(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下の即位のパレードが終わった。おめでたい。でもいまだにモヤモヤする。パレードに先立つ「即位礼正殿の儀」のことだ。この日は悪天だったが、儀式前に晴れて虹が現れ、ネットでは「天照大神を見た」「天皇は神の子孫」「天も伝統の儀式を祝っている」といった声があふれたのだ。無粋な記者には、ちょっと戦前な感じ。「虹」と「伝統」を手がかりに「即位フィーバー」を考えた。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

 おさらいしておこう。

 「正殿の儀」があったのは10月22日。関東地方は台風20号由来の温帯低気圧が北上し、前日から風雨に見舞われた。しかし儀式が始まる午後1時前には低気圧が抜け始めて雨が上がり、都心部などで晴れ間がのぞいた。虹が見られた地域もあり、写真をSNSに投稿する人が続出。「即位の礼」と関連づける人も相次いだ。

「天照大神がついている」

 <即位の儀の始まりとともに雨が晴れ、東京に大きな美しい虹がかかったというのは、人知を超えたものがあるとしか思えない。日本人の多くが天照大神の存在を見た>(作家・百田尚樹氏。22日のツイッター投稿)

 <私は晴れると思っていた。天照大神がついているんですよ…

この記事は有料記事です。

残り3164文字(全文3666文字)

あわせて読みたい

ニュース特集