メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在職老齢年金 減額基準を「月収51万円超」の修正案 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 働いて一定以上の収入がある高齢者の厚生年金を減らす「在職老齢年金」を巡り、厚生労働省は11日、減額基準を「賃金と年金で月51万円超」とする方向で調整に入った。65歳以上を対象とした現行制度の基準は47万円超で年金が減る。厚労省は10月に減額基準を62万円超とする案を示したが、「高所得者優遇」との批判を受け、再検討していた。

 13日の社会保障審議会年金部会に案を示す。政府の全世代型社会保障検討会議や与党でも議論を進め、来年…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです